行事:1学期

▼いろんな思い出をつくろうよ!4月5月6月7月8月
カントリーステイ修学旅行ヤングアメリカンズ林間学校臨海学校オーストラリア生活体験旅行

いろんな思い出を作ろうよ!

学習活動の節目に、本校では様々な行事を設けています。行事を通じて、仲間と助け合ったり、共有できる楽しい経験をしたりすることは、将来の自信につながるとともに、小学校の楽しい思い出として、一生の宝物となることでしょう。

4月

入学式(全学年)

新しい仲間の入学です。2年生から6年生までのみんなで迎えます。この日から四條畷学園小学校の全員がそろうのです。6年生は児童会の代表として、お餅・メダルなどを新入生にプレゼントします。この時、どちらにも緊張の中に笑顔が生まれます。


新入生歓迎遠足(全学年・飯盛山)

児童会が企画・運営します。新入生を歓迎する登山遠足です。学校の東にある標高約300mの飯盛山に登ります。6年生は新入生と手をつなぎ登るのです。新入生はこの時の手のぬくもりをいつまでも忘れないようです。

ページの先頭へ

5月

春の遠足(1〜3年)

1年から3年まで、各学年に分かれて遠足に行きます。学年で、またクラスでより仲良くなってもらいたいのです。シートの上にいくつものお弁当の花が咲きます。新緑のもとで体をいっぱいに動かすのです。

カントリーステイ(5年)

田舎生活体験です。田植えをしたり、川でカヌーに挑戦したり、海で釣りなどもします。 宿泊は、農家の方にお世話になります。夜はそのお家の人と一緒にご飯を食べ、色々なお話を聞かせてもらいます。二泊三日の旅で、新たに田舎ができるのです。帰る時、涙を流す子も出てきます。

修学旅行(6年・山口・広島への旅)

平和教育・地方の暮らしなどを勉強して旅立ちます。「本物を自らの目でみる。」のです。まさに旅を体験するのです。


写真1 写真2 写真3

ページの先頭へ

6月

魚つり(全学年希望者・小学校屋外プール)

水泳の得意な子も苦手な子も、目の前にあるのは釣り堀。女の子も男の子も一様に釣り糸を垂らします。低学年の子にとっては、初めて魚をつかむ体験の場になったりします。数日後には、6年生がプールの掃除をし、本来のプールに戻します。


ヤングアメリカンズ アウトリーチ(4、5年)

「身体表現」分野の活動以外に、「ヤングアメリカンズ」という団体が行っております、特別学習活動「アウトリーチ」を導入します。「ヤングアメリカンズアウトリーチ」とは、音楽や教育のプログラムを学んだアメリカの若者が小学校を訪れ、児童とともに3日間で歌やおどりのショーを共に作り上げ、上演する教育活動のことです。対象となる学年は、4年生・5年生です。(詳細はこちら


自然学校(3〜4年)

場所は、滋賀県の休暇村 近江八幡です。対象となる学年は、3年生・4年生(2泊3日)です。ここは、2学年合同で宿舎に泊まることができ、縦割り班で活動できます。また、グループごとに協力するプログラムやプロジェクトアドベンチャー(PA)を体験します。また、目の前が琵琶湖ですので、水上体験も実施します。

ページの先頭へ

7月


臨海学校(京都府京丹後市「夕日ヶ浦温泉」)

いよいよ5・6年生は臨海学校です。場所は、京都府京丹後市夕日ヶ浦温泉です。遠浅の海と白浜の海岸であり、より安全に楽しく、思い出に残るような楽しい集団生活ができることと考えています。宿舎は男女別に分かれ、二つの旅館に宿泊します。

ページの先頭へ

8月

夏休み水泳教室

7月の後半と8月の後半に、希望者の水泳指導を用意しています。水泳の授業とは違って、違う学年の子とも一緒に水泳練習をしてテストもします。この時期に一気に水泳級が上がる子も多くいます。


フローティングスクール(5年生希望者)1泊2日

5年生対象でびわ湖フローティングスクールを行います。【私たちの生活に欠かすことのできない水の学習、自然環境学習をする】【集団生活を営み、リーダーシップを身につける】【他の学校(滋賀県内)と交流し、友情を育む】といったことを目的としています。



オーストラリア生活体験旅行(希望者)

オーストラリア・ブリスベンでのホームスティです。滞在中は、当地の学校生活も体験します。当地の一家庭に児童一人のホームスティです。片言の英語で、小学校最後の大きな思い出をつくります。

ページの先頭へ

カントリーステイ(5年)

和歌山南紀熊野地域の「大好き日置川の会」の協力を得て、5年生約100名が20数グループに分かれ、農家、普通の民家など、その土地で暮らす人々の家に宿泊。収穫した野菜でご飯をつくり、味噌の仕込みを行い、梅ジュースや梅ジャムをつくり、裸足で田んぼに入るなどして、3日間にわたって田舎暮らしを体験しました。

写真1

最初は他人の家に泊まることに抵抗があった児童たちも、3日間経つとすっかり田舎暮らしになじんでいました。昼間に行う共通の活動に加えて、宿泊先でも一人ひとりがさまざまな体験をさせてもらい、そのすべてが都会ではできないことばかりで、児童たちに強い印象を与えたようです。知らない家に泊る不安、行きたくないと思った生徒たち、やがてそれが笑顔に変わっていきました。今回、参加した5年生に感想を聞いてみました。

写真2 写真3

U君

「知らない家で泊まるので不安でしたが、行ったら楽しかった。家族のように迎えてくれて、いろいろなことを教えてくれました。梅と砂糖を入れておくとできる梅ジュースは意外と簡単で、家でもやってみようと思います。」

M君

「泊まった家のお兄さんがエビとりの名人で、夜に取りに行ったことが印象的。夜はライトを照らすと、エビの目がピンクに光り、後ろ向きに逃げるところを上からすくいます。他にも、カヌーは、最初は漕げなかったけど、最後には競争できるまでになりました。ソーセージ作りも楽しかった。」

写真4 写真5
写真6 写真7

ページの先頭へ

修学旅行(6年・山口・広島への旅)

平和教育・地方の暮らしなどを勉強して旅立ちます。「本物を自らの目でみる」のです。まさに旅を体験します。

新大阪より新幹線で出発 平和記念公園・原爆資料館見学・宮島・厳島神社など

写真1 写真2 写真3
写真4
写真5 写真6

秋吉台・秋芳洞・秋吉台サファリランド・松陰神社など

写真4 写真7 写真8 写真8

ページの先頭へ

ヤングアメリカンズ アウトリーチ(4、5年)

本校では、児童の創造性と自主性を育成するため高学年児童(4・5年生)の身体表現活動科(A活動)をカリキュラム変更し、「ヤングアメリカンズ」という団体が行っている特別学習活動「アウトリーチ」を導入しました。アメリカの若者約50人が6月15日(月)から17日(水)の3日間小学校を訪れ、児童とともに歌やダンスのショーを共に作り上げ、上演する教育活動です。これは、伝統ある我が小学校の温かみのある良さを残しつつ、他の小学校にはない特色をこれからも導入し、より良い四條畷学園小学校にしていきたいとの願いから実現に至りました。

写真1

ヤングアメリカンズとは

ヤングアメリカンズは、若者の素晴らしさを音楽によって社会に伝えようと、1962年にミルトン.C.アンダーソンによって設立された音楽公演と教育活動が二本柱のアメリカのNPO(非営利団体)です。アメリカでは数多くの音楽番組に出演し、6人の大統領から招待されるなど、歌やダンス、そして楽器演奏など数々のパフォーマンスを世界中で行ってきています。また、彼らを描いたドキュメンタリーフィルムは1968年にアカデミー賞を獲得。今回日本を訪れたのは、ヤングアメリカンズに所属する約300人の中から厳しいオーディションを勝ち抜いた、約50人の音楽と子どもを愛する若者たちです。

写真2

アウトリーチの目的

写真3

ヤングアメリカンズ・アウトリーチプログラムは音楽・ダンスの技術向上や、英語を学ぶためのプログラムではありません。20数曲の歌やダンス、そしてパントマイムなどの英語によるワークショップを通じて、下記4つのことを体験の中から学んでいくプログラムです。ヤングアメリカンズ・アウトリーチの体験を通して、異文化への気づきや自己表現の大切さ・素晴らしさ、他者理解など多くのことを学ぶことができれば、児童の大きな成長へとつながります。このような体験を積み重ねることで、自分に自信を持ち、何事にも積極的に取り組める子どもを育む土台となると確信しております。

  1. SELF WORTH
    参加者一人ひとりが他人と違った個性を持っていることを認識し、自信を獲得する
  2. RESPECT FOR OTHERS
    自分と違った感じ方をする他人の大切さを学ぶ
  3. PERFORMING ART
    感じたことをそのまま表現することの大切さを学ぶ
  4. SELF WORTH
    みんなで一つのことを真剣にやり遂げることの素晴らしさを学ぶ
写真6
写真4 写真5

参加した児童(4年)の作文

『さいこうの思い出』
ドキドキ。いよいよヤングアメリカンズの本番がきました。「テン、ナイン、エイト、セブン、シックス、ファイブ、フォー、スリー、トゥー、ワン」私は、いつもの練習よりも、前に出て楽しみながらおどりました。前日・・・。お母さんが「えがおでおどりや。」と言いました。だから、前でえがおでそして楽しみながらおどったりうたったりしました。私は、オープニングのダンスとライオンキングのダンスを楽しみにしていました。はじめてこの二つのダンスをみたとき、私は少し不安になりました。なぜかというと、私はあまりダンスをしないからです。「このダンスをたった三日間でおぼえられるのかな。」と思ったけど・・・・・。本番、全部完ぺきにおどりおわったとき、すごくこうふんしました。ライオンキングは、まるでライオンキングの世界に入ったような感じでした。先生とヤングアメリカンズの人が竹ぼうきみたいなやつを持って、ゆかに、バンバンッ、とやるのを、私もみんなも「あれをやりたかったな。」と言いました。その一日はずっとえがおでした。本当にさいこうの思い出ができました。

写真7

保護者の方のアンケートより(5年生保護者)

第1幕(ヤングアメリカンズによるショー)
今回初めて見させて頂きました。感動しました。歌声、ダンス本当に素晴らしかったです。あせだくになってパフォーマンスをする姿に、下の子どもがいることを一瞬忘れ、自然と私も身体が動いていました。フッと気づくと下の娘も手をたたきノリノリでした。娘も汗だくになってノリノリでした。

第2幕(ヤングアメリカンズと子どもたちによるショー)
3日間という短い時間で、あんな事ができるんですね。子どもたちも楽しみながら、でも次の行動を考えながら必死の目で歌い、しゃべり、ダンスし、少しウルッと涙が出ました。自分の子どもを探すというよりも、みんなを見ていたい気持ちになりました。第1幕で疲れ切ったのか、下の娘は寝てしまいました。あの熱気の中で。

その他
今回初めてヤングアメリカンズというものを見せて頂き、最初は正直な気持ち「暑いのに・・」とか「帰りが遅くなるのに・・」とマイナスな気持ちでした。ところが実際に見てみると、感動するし、楽しいし、笑いもあるし、とてもとてもHappyな気持ちになりました。スタッフの方も大変だったと思います。それに・・先生方も本当に本当にお疲れだったと思います。でも、先生方の一生懸命を見て、子どもたちも必死になれたんだと思います。練習から帰ってきた子どもも、目が赤く、疲れているだろう顔をしているのに、「ダンスすっごく楽しい」とか「ぜったい見に来てや」とか、ものすごくいい顔でした。勉強してる時には見たことにない顔でしたが・・。祖父母も見に来てくれました。とても良かったと、帰りに募金してくれたそうです。
今回なぜこんなに目に焼き付いているのかと考えていました。ひとつ私なりに答えが出ました。ビデオごしじゃ無いからかなと。いつもビデオを撮っているので、ビデオ越ししか子どもの姿を見ていませんが、今回は、今歌ってダンスしている子どもたちを見ていました。ビデオで残すのも思い出になりますが、今の子どもを、今の私の目で見るのも思い出に残るんだと思いました。

写真8

参加した教師の学級通信より(4年)

私自身、ヤングアメリカンズ(以下YA)を準備する中で、「みんな喜んでくれるかな。暑いから熱中症にならないかな。天気はどうなるかな。」とたくさんのことを考えていました。YAスタッフの方には「先生も生徒になって下さい。先生のがんばる、楽しむ姿を子ども達に見せるのも大切です。」と言われていました。とはいえ、1日目はどうしてもみんなの後ろでおどりがちで、子ども達の様子が気になっていました。しかし、2日目・・・。キャストの一人に手を引かれ、ソロの歌を歌うように言われた時から、頭のなかがその歌でいっぱいになりました。こんなに緊張して「どうしよう・・・。」と思ったのは、久しぶりでした。その瞬間から、完全に生徒になっていました。上手くできない私に「先生、がんばってね。」「先生、うまいよ。」とあたたかい声をかけてくれる子どもたち。声を掛けられるってありがたいことだと実感しました。励まし合うことの大切さを身をもって体験させてもらいました。 子ども達の中にも、「上手く出来ないからどうしよう。」とか「こんなに難しいの出来るのかな。」と不安な想いもあったようですが、YAのキャストは常に「ジョ〜ズ〜」とかハイタッチ・ハグ「ダイジョウブ」と何度も声を掛けてくれていました。スキンシップも大切ですね。
PTA学級会では、頭がショーの事でいっぱいなのに気づかれていた保護者の方もいたようで・・・。ショーが終わった後、「先生が、学級会であの様子だったのがわかりましたよ。」と話かけて下さる方もいました。ショーのラスト、みんなで手をつなぐ場面では、横に男女になった子たちが、ちょっとためらったあと手をにぎりあったシーンもあったそうです。一つになること、その楽しさをたっぷり味わいました。 4日目の朝、職員と4・5年生でヤングアメリカンズの皆さんと最後のお別れをしました。バスの中から、いつまでも手を振ってくれました。ヤングアメリカンズのメンバーは、4ヶ月間のツアーを終えると解散するそうです。そして、別のツアーに入ったり、卒業したり。それぞれの道を歩むそうで、ほとんどのメンバーとは、来年学園小学校で会うことは出来ません。
YAが終わった、木曜日は、子ども達長い休み明けのようなザワザワした様子で、ショーの歌を歌っている子もいたら、ハイタッチをしている子もいました。
私は、この行事を通して、子ども達とともにたくさんの学びを体験できたこと、感謝しています。6月の大きな行事を終え、この共通体験を、今後、生活する中で、学ぶ中で、フィードバックさせながら、「本当の楽しさとは何か。」を子ども達が深く理解できるようにと思います。

写真9 写真10
写真11 写真12

ページの先頭へ

林間学校(3〜4年・マキノ高原・2泊3日)

3年生から始まる宿泊行事です。3年生は民宿に泊まります。同じ部屋の仲間との話は尽きず、先生に注意をされることしばしばです。4年生は、テントに泊まります。風の音、雨の音、虫の音等を身近に感じるのです。自然の中に包まれて、自然への畏怖も少しは肌で味わってもらうのです。

写真1

1日目

たくさんの方たちに見送られて、元気にマキノ高原に出発!到着後入村式を終えたら、高原で昼食です。外で食べるお弁当はとってもおいしかったね!4年生はテントサイトに移動。たくさんの虫に大興奮の子どもたち。1日目のメインイベント、カレー作りのスタートです!みんな真剣に、一生懸命に作っていました。役割分担、材料等の準備、でき加減の確認など意見交換しながらの大奮闘、おいしいカレーができました。

写真2 写真3

2日目

素晴らしいマキノの朝日に迎えられ、2日目の始まりです。朝は「みくに館 山の家」での食事です。午前中はオリエンテーリング。@20cmの枝と100gの石を見つけること。A50分にどれだけ近いタイムで ゴールできるか?B各ポイントの文字をつなぎ合わせた文章は何か?これら3つの条件をクリアできたかな?お昼ごはんの食後は、みんなが楽しみにしていた川遊び&魚つかみです!川遊びにおいしいお魚。とっても楽しい時間です。夕食後はいよいよ夜のお楽しみ・・・2日目のクライマックス、キャンプファイヤー。点火式、ゲーム、歌など、ファイヤー委員が頑張ってくれました。どれも楽しくて、みんな大興奮!明日はマキノで過ごす最後の日です。

写真2 写真3

3日目

朝食のあとは林間学校の表彰式です!オリエンテーリング大賞、思いやり賞、ネイチャー賞、フレンド賞 etc みんなよく頑張りました!ちょっとおうちを思い出して寂しくなった子もいました。虫がテントの中に入ってパニックになった班、ケンカをしてしまった班や、もめ事も多々ありました。しかし、この林間学校で、協力して解決することを学びました。たくさんの喜び、またたくさんの失敗とたくさんの成功を経験し、子どもたちは友達とのかけがえのない時間を過ごしました。3日間、自然がいっぱいのマキノで過ごし、子どもたちは全員元気で、一回り大きくなって帰ってきました。みんなにとって、きっと心に残る林間学校になったことでしょう。

写真1 写真2 写真3

ページの先頭へ

臨海学校(京都府京丹後市「夕日ヶ浦温泉」)

5・6年生の臨海学校は、2泊3日、京都府京丹後市網野町夕日ヶ浦温泉浜詰海岸で実施しました。ここは日本の夕日百選にも選ばれ、白浜青松の全長8kmのロングビーチです。岸から50mぐらいまでの遠浅の海で、子どもたちも思う存分、海を楽しみ泳ぎました。

写真4
写真5 写真6
写真5 写真6
写真5 写真6

ページの先頭へ

オーストラリア生活体験旅行(希望者)

オーストラリア・ブリスベンでのホームスティです。滞在中は、現地での学校生活も体験します。一家庭に児童一人のホームスティです。片言の英語で、小学校の大きな思い出をつくります。ホストファミリーとの心のふれあい。オーストラリアの小学校での、共通する興味を持つ小学生との交流。暖かい町の人たちとの出会い。オーストラリアでのこういった有形無形の体験が、子どもたちに「この人たちと英語で話せたら、もっと気持ちが通じあえるはずだ。英語を勉強したい、そしてもっと仲良くなりたい。」という気持ちを抱かせるようになります。英語の世界へ自分から飛び込んでいこうとする人になって欲しい。そんな願いを形にする一つの方法として、この「オーストラリア生活体験旅行」を学校行事に取り入れています。

写真1

*滞在する地域(ブリスベン近郷)

クイーンズランド州の州都であるブリスベンは、オーストラリア第3の都市。街の中心には大きく蛇行するブリスベン川が流れ、その両岸に市街地が広がっています。近代的な高層ビルの合間には、19世紀に建てられた歴史的建造物が混在し、落ち着いた趣を見せています。

写真2 写真3
写真4 写真5

*家庭での生活

ウィークエンドはホストファミリーと過ごす一番楽しい時間です。近所の人たちを招待したり家族ぐるみのバーベキューパーティー、ピクニック、ショッピングなど一緒に楽しい時間を過ごせます。食事は期間中各家庭で用意されます。家庭ではあなたはゲストではなく、家族の一員です。食事の後片付けや、自分の部屋の掃除などを積極的に申し出ることにより、家族とすぐに打ち解けることができます。

写真6 写真7
写真8 写真9

ページの先頭へ